賃貸物件でのキッチンの選び方

家を選ぶ時に外せないキッチンのいくつかのポイント。主婦ならではの目線で賃貸物件を選ぶとこうなります。

賃貸物件でのキッチンの選び方

キッチンで選ぶ賃貸物件

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰しも、賃貸物件をを選ぶ時には慎重になります。人それぞれ選ぶポイントがあると思いますが、キッチンにスポットを当てて、キッチンを選ぶ際のいくつかのポイントを主婦目線で紹介したいと思います。まず一つ目は、流しの広さです。キッチンは料理をする場所。もちろんそうですが、実際は料理をしている時より食器や調理器具の洗い物をしている時の方が、キッチンの不便性を感じるものです。流し台の面積が狭ければ狭いほど感じるストレスは多くなるでしょう。出来るだけ広い流し台のついたキッチンをまず選びましょう。

二つ目のポイントはコンロです。ガスかIHか..それも重要なポイントではありますが、主婦目線でいうと問題は数です。何口コンロか、がとても重要です。主婦は家事に追われ、時間に追われ、何品かの料理を同時並行で調理するなんて日常茶飯事です。そんな時に二口コンロなんて不便でしょうがありません。四つ口コンロの付いた賃貸物件も増えてきたように思いますが、新しくないところは二口コンロ、もしくはガス台は自分たちで後付け..なんてところもまだ沢山あるんじゃないでしょうか。ぜひ最低でも三口のコンロが付いたキッチンのある物件を選んでみて下さい。料理が捗り、毎日が楽しくなるはずです。